TOP > ライブ配信 > インタビュー&配信後記
記念すべき第1回ライブ配信(2014年5月17日・土)にM男として出演していただきました三浦さんにお話を伺いました。
Q1)過去のブレーントラストの作品に数多く出演されておりますが6年ほど前に引退されました。今回、出演する決心をした理由をお聞かせください。
約2週間前に出演依頼の連絡を受けました。連絡を受けたときは「もう引退した」という理由で出演をお断りしました。しかし、ブレーントラストさんの作品購入者の方の中にこの三浦のファンが多数いる、私が引退した後にもまた出演してほしいという依頼もあったというお話を聞き、この私に期待していただいている方の要望にお応えするために出演しようと決めました。
Q2)久しぶりにブレーントラストにやってきた感想は?
6年ものブランクもあり、不安を抱きながらやってきましたがブレーントラストの代表でもある監督をはじめ、スタッフの方に久しぶりに会ってみるとみなさん変わらず親切に接してくれて当時のことを思い出しとても懐かしく感じました。やはり私にはこの場所が似合うのだなと思いました。
Q3)今回、調教していただいた卯月紗綾女王様も一度は引退された女王様ですがまた力を貸していただくことになりました。卯月紗綾女王様はどんな方でしたか?
これまで何度も作品に出演してきましたが卯月紗綾女王様の様な方は初めてでした。今回は初回ということで1時間程度の調教でしたが、来週もまた調教していただけることになっていますのでとても楽しみです。
Q4)最後にひとことお願いします。
久しぶりにこの場所で出演しましたが調教がスタートした時点で6年のブランクを感じることなく、自然体のままで調教を受けることができました。また、今回うれしいことがありました。大ファンである春川ナミオ先生と一度お話をしたいんですということを相談させていただいたところ、その場で電話をつないでいただき、直接お話しをすることができました。監督の人脈、顔の広さはすごいなと改めて感じるとともに監督が私の願いを叶えてくれたということがとてもうれしかったです。来週もまた出演させていただきますのでよろしくお願いします。
ライブ配信後記
記念すべき第1回のライブ配信が無事、終了しました。この記念すべき配信の出演者として選んだのはブレーントラスト代表が真の女王様と認める「卯月紗綾女王様」、そしてM男には数々の出演実績があり、純粋なM男の精神の持ち主である「三浦氏」。この2人の出演により第1回目のライブ配信を無事、終えることができました。システム担当の方々、スタッフ一同に感謝しております。
第2回ライブ配信 2014年5月18日(日) 21時〜22時 / 卯月紗綾女王様
第1回ライブ配信に続き、翌日も21時よりライブ配信を行いました。初回のライブ映像は正面の定点カメラによる映像でしたが、今回は2台のカメラを用意し、斜めからの定点アングル映像と女王様や奴隷の表情を捉える手持ちカメラの映像を切り替えて配信してみました。固定アングルの映像だけでは伝えきれない部分もありましたが手持ちカメラの映像が加えたことにより、より臨場感のあるライブ映像をお届けできたと思います。

今回の調教は主に「アナル調教」でしたがライブ配信できるギリギリの映像をお楽しみいただけたと思います。明日も21時より配信予定ですのでお楽しみに!
 
第3回ライブ配信 2014年5月19日(月) 21時〜22時 / 卯月紗綾女王様
ライブ配信3日目、本日は第1回のライブ配信に出演しましたM男・三浦の登場です。前回、「ハラマキ」と命名された三浦は今日ももちろんハラマキでやってきました。 体が冷えるという三浦に対し卯月紗綾女王様は保温効果がでるようにラップで全身を包み込んでいきます。口・鼻までもが塞がれてしまった三浦は窒息・失神寸前に陥ってしまい、スタッフが思わず「死んでしまうぞ」と叫んでしまうほどでそのスタッフの声に気づいた方も多いでしょう。

また、第3回目の配信は海外サイトでも同時にライブ配信を行いました。視聴者数は調教が進むにつれて増え続け、累計で2,000名近い方にライブ配信を視聴していただきました。
第4回ライブ配信 2014年5月20日(火) 21時〜22時 / 卯月紗綾女王様
本日のライブはハラマキ・三浦の3日間に渡る調教も今日で一区切りとなります。そんなハラマキのために卯月女王様はプレゼントを用意しました。今日の調教は有刺鉄線を巻きつけたお手製の一本鞭、ペニスバンドによるアナル責め、そして三浦の予想を遥かに超えた鍋の中で煮立った蝋燭かけ流し。

本日も海外サイトにてライブ配信を行いましたが昨日以上の反響がございました。
 
第5回ライブ配信 2014年5月21日(水) 21時30分〜22時10分 / 十三花女王様
本日のライブ配信は新宿・ミルラに在籍する「十三花(とみか)女王様」が出演しました。昼間は記念すべきビデオデビュー作の撮影を行い、その撮影が終了してから1時間足らずでスタートしたライブ配信。撮影の緊張が残る中、もちろんライブ配信も初めての十三花女王様でしたが、しっかり奴隷の調教を行っていただきました。

5月17日から五夜連続でお届けしたライブ配信も5月の配信は本日で終了です。来月の配信もお楽しみに。
 
第1回ライブ配信 2014年5月17日(土) 21時〜22時 / 卯月紗綾女王様
素足の脚線美 脚フェチファンにはたまらない。芳しい女王様の香りに思わず三浦も陶酔してしまう

第2回ライブ配信 2014年5月18日(日) 21時〜22時 / 卯月紗綾女王様

「お前、アナルだめだと言っているけどヒクヒクしているじゃない。さあ、今から私がお前のアナルを調教してあげる。」

奴隷「こんなに太いおもちゃをアナルに入れるんですか?私のアナルが裂けてしまうかもしれません。どうかお許しください。」
「ほら、立派に入ったじゃない。」

奴隷「ああ、もう駄目です。裂けそうです、お許しください。」
 

第3回ライブ配信 2014年5月19日(月) / 21:00〜22:00 / 卯月紗綾女王様 (海外ライブ配信サイト同時配信・視聴者数2,000名)
女王様の体重がピンヒールにかかり、奴隷のペニスを容赦なく踏みつける。
「お前、バラ鞭では効かないみたいね。」

奴隷「んん・・・ぐぅ・・もうお許しください。」
一本鞭を容赦なく奴隷の背中に打つ女王様
「あぁ、女王様、もうお許しください。」

第4回ライブ配信 2014年5月20日(火) 21:00〜22:00 / 卯月紗綾女王様(海外ライブ配信サイト同時配信・視聴者数2,500名)
「今日はお前にプレゼントを買ってきてやった」

奴隷「ありがとうございます」

「自分で開けてみろ」

奴隷「はい、ありがとうございます」


プレゼントはちょっと太めのペニスバンドであった。


あまりにも強い蹴りで靴が壊れてしまった。

(ここでスタッフが笑ってしまい女王様にお叱りを受けた)
一本鞭には有刺鉄線がついており、奴隷にお許しくださいと志願するように仕向けるがM男は女王様に絶対服従を誓い有刺鉄線の一本鞭をM男の意地で甘んじて受けた。
初代「ヒロ」の一本鞭で三十発の調教を耐え凌ぐM男は精神的に絶対服従を心に誓うMでなければ到底耐えることはできないだろう。 背中には有刺鉄線の傷が無数に食い込み鮮血もほとばしった。
アナル拡張の後「お前、指が3本入るじゃない」と宙づりに縛られプレゼントされたペニスバンドで犯され、苦痛と喜びのM男の顔は経験したM男にはよくわかると思う。  
宙づりのままペニスバンドで犯される奴隷。

「こんな風に犯されたことあるの?」

「いえ、は、初めてです」
「これ、何かわかるか?」

奴隷)「鍋です。」

「そんな当たり前のことは聞いてない」

「お前が腹が冷えてハラマキを夏でもすると聞いて温熱治療でたっぷりの蝋燭を温めていたのでおなかを治してあげるからしっかりお受けなさい」


奴隷)「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ」

体にかけ流されたのは奴隷の予想を遥かに超える鍋の中で煮えたぎる溶けた蝋燭だった。

何度も何度も容赦なく降り注ぐ蝋燭に床でのたうちまわる三浦。
数々のライブ中継中、アクシデントがありスタッフも苦笑する場面もありましたがスタッフはみな、真剣に女王様のご調教を忠実に記録したこととご理解ください。 4日間におよぶ連続ライブお疲れさまでした。

第5回ライブ配信 2014年5月21日(水) 21:30〜22:10 / 十三花女王様 (海外ライブ配信サイト同時配信・視聴者数2,300名)
和彫りの後姿が美しい十三花女王様
容赦なく浴びせられる一本鞭。
「ほら、もっと奥まで咥えなさい」

奴隷「んん・・・うぅぅ・・・」
「よくがんばったねぇ」